あの人さんの趣味の備忘録

アニメ、栽培、イモリなど、趣味に関しての記事を書いていきます。

ドロヘドロ 12話最終回感想

2クールまで引っ張るかと思ったらここで終わりか。きりはいいけど中途半端。

 

栗鼠さんは自分を殺した犯人の手がかりを探すために十字目の組織の研究所がある村へ。

それだけかい。

 

カイマンvsニカイドウ。

友達のニカイドウと戦いたくないからか、防戦一方のカイマン。電話の悪夢を見たから下に落ちた時に一回死んだのかな?

謎の男に刺されるニカイドウ。謎の男はカイマンの中の悪意の発露っぽい感じ。やっぱりカイマンは十字目のボスの身体なんじゃないかな?

 

ニカイドウは傷口から契約書を抜き出されたことで一時的に精神支配が弱まり正気に戻る。

根本的な契約は解除されてないから煙さんに会うとまた元に戻るのね。ここから逃避行になるのかな。

アスの扉で遠くに飛ばされてひとまずは安心。

鳥太さんはアスの力でニカイドウに変身させられて影武者役をやることに。アスに注意されてたけど煙さんに嫌われるためにアレコレするのかな?なんか肩を抱かれてまんざらでもない感じだったから、このままニカイドウライフを楽しみそう。

 

博士達はホールへ帰還。

心さんに匿われてる中でみんなで焼肉とか、贅沢だな。

カイマンとニカイドウは仲直り。魔法を使わなければ友達だ、カイマンがどんな奴だろうと友達。なんかフラグにしか聞こえないな。

カイマンの名付け親はニカイドウなのね。カイマントカゲから取ったのか。

 

ここで終わり。

謎はまだ混沌の中。

2期とかやりそうだけどすぐにはやらなさそうな雰囲気。なんか今作は宣伝用で人気があるなら2期もやるよスタイルっぽいんだよな。円盤の売上次第か?

 

ポップな混沌、という雰囲気で世界観は安定。そこそこの面白さ。まぁ、満足ですね。

2期やるなら見るかな。