あの人さんの趣味の備忘録

アニメ、栽培、イモリなど、趣味に関しての記事を書いていきます。

アンプラリアも植え替え

この際なのでアンプも植え替えちゃえ、という事で植え替えました。

植え替えというか植え直しかな?用土が湿ってるから動きが悪いのかなと思いまして、鉢に穴をあけて通気をよくしてみました。

用土はそのまま替えずに鉢に穴をあけただけですね。

f:id:athervol2:20190620174815j:image

用土の方は鹿沼土6のベラボンSサイズ4くらいのベラボン多めで作っていたので保水高めなのかなと思います。今回、鉢に穴をあけて通気性を上げたのでバランスがとれるといいな。

f:id:athervol2:20190620173502j:image

根量は一年前と比べると少しは増えたような変わらないような?上部の大きさからするとこんなもんなのかな。

改めて根元をよく見たらこの株は挿し木株でした。茎がひび割れて根が出ていたので挿し木ですね。そのままストレートに伸びているので頂芽を挿したのでしょうね。

f:id:athervol2:20190620174207j:image

以前よりも浅めに植えつけました。深めにやるよりも根周りの水はけは良いのでは、と思います。通気の穴もあけてあるしね。

前回水やりしたものが乾いてなかったので植えつけ後の水やりはしていません。たぶん通気が良くなった分乾きは早いので2日後くらいにはカラカラになるでしょう。そしたら水やりですね。

 

キャロル&チューズデイ 11話感想

案の定、チューズデイは火傷してしまいましたね。審査にはピアノだけで勝負に出ましたがなんとか勝ち上がりましたね。でも勝因はパフォーマンスの不安定さに伸びしろを見出したから、でした。まぁ、新人発掘コンテストというコンセプトから考えると完成されたものよりも荒削りなほうがこれからの成長に期待出来ますからね。

 

シベールはキャロルとチューズデイのすれ違いを起こさせるためだけの要員だったのね。火傷を負わせてギクシャクさせたら事件を起こしたので逮捕でフェードアウト。流れるような使い捨てキャラでしたね。

そして、ここでチューズデイが強制連行とは畳み掛けてきますね。モヤモヤしたまま無理やり引き離されて、この流れだと救出劇からの本音でぶつかって仲直り、からの最高のパフォーマンスで優勝とか?

まぁ、連れ戻されるタイミングは物語的にはバッチリだけど、よく考えると今更感満載だよね。

 

流れ的には救出劇からの仲直りで1話使って、最終回は決勝からのデビューで締めだと思うのだが、日程的には次で終わりか2クールか、なんだよね。正直2クールまでやるのなら見切りをつけるかな。

ワンパンマン2期 10話感想

怪人協会は人質をエサにヒーロー協会の主力を一網打尽にするつもりみたいですね。

マスコミへのリークとともに怪人さんたちも怪人協会に入会しようとしますが本拠地がZ市だから安定のワンパンでしたね。

 

今回はガロウ回でしたね。なんだか子供に優しくしているのを見てるとヒーローに楯突いているだけの不良にしか見えないな。スタンスとしてもヒーロー狩りをしているだけで市民を襲ったりだとかはしてないですからね。そこら辺、軸がブレないというかプライド持ってやってるのかな?まぁ、ヒーロー協会側からすれば協会にしか被害がないから厄介者でしょうけど。

 

今回はついにピンチですね。満身創痍でリンチ状態ですからね。それでも子供を気遣って小屋に匿ったり小屋を狙わないように言うあたり優しいよね。そこが怪人(悪者)というにはどうにも中途半端なんですよね。肩書きはヒーロー狩りだから合ってはいるけれど。

 

次回に続くのかどうなのか。残り2話で怪人協会も片付けるとなると足りないし。もう1クールなりやるのかな?もしくは強引にワンパンで終わらせるのか。