あの人さんの趣味の備忘録

アニメ、栽培、イモリなど、趣味に関しての記事を書いていきます。

A.I.C.O. -Incarnation- 第12話最終回感想

伊佐津先生はラスボスポジなのね。

 

このタイミングで複製体のアイコちゃんも救いたいとか欲が出ましたね、神崎くん。なんとかしてみせるとは言ったものの、ほぼノープランでは?

手術開始とともに伊佐津先生との戦闘。

柚葉ちゃんの複製体もマター化させて総攻撃の伊佐津先生。マター化したアイコちゃんの身体ものっとり巨人化。伊佐津先生マジラスボス。

最高にハイってやつだー!になってる伊佐津先生ですが、神崎くんの方は順調に手術を進めている感じ。

伊佐津先生が徹底的に手術を妨害する形で立ち回らなかったのが謎。あまり強行手段に出るとアイコちゃんの身体が傷つくからとか?手術中の奪還は危険だもんな。

 

伊佐津先生は一樹くんの捨て身の作戦でマターを不活性化させられる。リンク状態にあった伊佐津は廃人に。敵だからといって文字通り倒されるのはなんだかなぁ。かといってあそこまでいって心変わりってのもご都合主義だから難しいところだよね。

柚葉ちゃんは黒瀬さんがギリギリ間に合って複製体との接続をカット。

柚葉ちゃんを救うために作っていた複製体が逆に目覚めを阻害していたとか皮肉。

複製体との接続を切ったらあっさりと目覚めちゃうのがなんだか拍子抜け。伊佐津先生が躍起になってたわりには簡単すぎやしませんか?

灯台下暗し?躍起になりすぎて視野が狭くなっていたか?

 

手術は無事終了でアイコちゃん達はお互いに元に戻る。複製体の方は意識が尽きて身体が維持できなくなり消滅?それとも従来の作戦通りウイルス入れたのかな?助けるとか言っていた手前そんな事はしないと思うけど。神崎くんもダメだったのか…とか言ってたし、自然に自滅したのかな。

そしてご都合主義でアイコちゃん再誕。グミが生体情報を保存してたからマターが最後の力で身体を再構築した感じか?

 

お母さんと弟くんと最後の挨拶をして複製体のアイコちゃんは神崎くんとともにフェードアウト。

アイコちゃんは家族とともに日常生活へ。

柚葉ちゃんは元気に過ごしてますが伊佐津先生が廃人になっちゃったからなぁ。なんか可哀想な落とし所だよね。最後に由良先生からヘルメットが届けられたけど、脳波をリンクさせて伊佐津先生を回復させるということなのかな?せめてもの救い的な。

複製体のアイコちゃんの方は新しい学校へと転校する形で新たな日常生活を送る感じに。最後に自己紹介で名乗りをカットしたのは、もうアイコちゃんの複製体ではなく、独立した一人の人間としてこれからの人生を歩んでいくという事なんだろうね。

 

後半の駆け足具合がダメだったけど、全体としてはまぁ、ある程度綺麗には収まったかな。

まぁ、後半の一樹くんの告白とか、神崎くんのアイコちゃんへの情とか、楓ちゃんの相模さんへの想いとか、各キャラの心情が取って付け感を感じた。

全体として、粗はあるけど、まぁまぁ普通の域ですね。

かなり良くもないけれど、悪くもない、+ーそれぞれあるけどトータル+ー0って感じで普通だったな。