あの人さんの趣味の備忘録

アニメ、栽培、イモリなど、趣味に関しての記事を書いていきます。

リトープス 植え替え

麗虹玉とピンクの子を植え替えました。オワリ。

ではなく、手順諸々書いていきます。

しかし、植え替えしながら写真撮るのは面倒ですね。手洗ってから撮らないといけないし洗っても若干ざらつくし。

使用している土はホームセンターに売っているサボテン・多肉用の培養土と鹿沼土(小粒)です。

ぇー、まずは鉢から外して土を落としていきます。植え替えは鉢の土が完全に乾いてから行うと土が根に付きにくくサラサラと落ちるのでオススメ。

プラ鉢なら側面を軽く叩きながらやればスルリと外れます。

外したら指で軽く根鉢をほぐしながら、フリフリして土を落としていきます。

いちおう、水を溜めた容器の中でもフリフリして根を洗っておきます。ネジラミ怖いので。

あとは日陰で乾かします。

3時間は放置しときました。カラカラですね。麗虹玉は鉢の長さに根が収まりそうになかったので短く切りました。

リトを乾かしてる間に使用済みの鉢と鉢底石を洗って乾かしておきました。麗虹玉には植えてた鉢を使うので。

乾いたら植え付けです。鹿沼土は台所用ネットに入れてフリフリし、微塵抜きしておきます。鉢には鉢底石をセット。

今まで微塵抜きはしてこなかったのですが、いつも植え替え時に培養土表面が微塵で詰まってる感じがしていたので、今回は除去しておきました。

ネペンの時は毎回水洗いして微塵抜きしてます。

で、培養土を入れて中心に穴を掘り、リトをセットして軽く植え付けます。

根だけ土の中に入れて葉は土の上に寝かすような感じ。

鹿沼土を手前側に敷き詰め、寝かせていたリトを手前に起こしてから、奥側にも敷き詰めていきます。

敷き詰め終わったら上下の位置調整をします。赤線の下、根の部分から鹿沼土、青線から下が培養土になるようにします。

まぁ、鹿沼土の厚さは適当です。培養土が出て来なければOKにしてます。だいたい5mm~1cmもないくらい?

位置調整前

調整後

手で少しずつ抜きながら、周りの鹿沼土を指で押し固めていく感じです。微妙な差ですが前後で高さが変わっています。葉の部分を鹿沼土の上に乗せるように引っ張り出すイメージ。

葉の部分を完全に露出させることで水やり後の蒸れで葉がダメになるのを防ぎます。検証してないのでたぶん、ですが。

水やりは3~4日後にやってます。植え替え時のダメージを考えて、と土自体が完全に乾燥してないので、そのくらいはやらなくても平気かなと。リト自体が水切れなら話は別ですが。

すぐに水やりした方が発根が促進されるそうですが…、それは挿し木の時だったか?…、うろ覚えです。

自分はいちおう少し置いてからたっぷりとやってます。

麗虹玉は植え替えの時に外葉を毟り取りました。葉がギュウギュウだったので難しかった…。

before

after

外葉を取ってみたら脇から芽が出てました。どういう…ことだッ…⁈

そしてやはり外葉があった分、徒長気味ですね。

オマケに毟り取った外葉の写真。

なんかグロキモいような。