あの人さんの趣味の備忘録

アニメ、栽培、イモリなど、趣味に関しての記事を書いていきます。

ブギーポップは笑わない 6話感想

今回は話としてはゆっくりでしたね。嵐の前の静けさ的なやつでしょうか?

しかし、内容が抽象的過ぎて毎度、感想には困りますね。面白いから良いですが。

どうやらスプーキーEはブギーポップを敵視しているようですね。計画の上での障害なのかな?

綺ちゃんが男子とやっているのは命令なんですね。繋がりを持つことで共同体を作ろうとしているのか、何かのサンプル採取とか?ん~、まだ情報が少ないですね。

飛鳥井先生は心を均等にならしているのかな?集団でバラを育ててる描写から、おそらく劣っている部分を他の子から取って補っているのかと。

均一で平等な、平均的に管理された世界というのが‘救い’なのでしょうか?停滞は適応性を失わせるので、ある意味破滅ですけど。これがイマジネーターが言っていたことなのかな?

まだまだ話が見えませんが次回も楽しみですね。