あの人さんの趣味の備忘録

アニメ、栽培、イモリなど、趣味に関しての記事を書いていきます。

どろろ 5話感想

今回は続きものですね。

なんだろうな、とりあえず水樹には歌わせとけというやつなんですかね?

耳が聴こえるようになって、周りのうるささに戸惑う百鬼丸どろろの兄貴呼びは定着したようで。

そこにちょうどいいタイミングで現れる坊さん。琵琶丸さん、いい潤滑油ですね。いい感じにサクサクと話が進みます。

鬼神たちが少なくなってきた影響が出始めてますね。干ばつに反乱と、景光さん苛ついてましたね。多宝丸の耳にも聞こえていた様子ですし。そこら辺、陰りが出できましたね。

今回の鬼神さんは蟻地獄ですか。すごく、大きいです…wせっかちだと言いつつ付いていく琵琶丸さん、いい人だ。慣れない身体で苦戦しつつもどうにか撃退まで追い込んだ百鬼丸達。代償として取り戻した片足を持ってかれましたが。次回、倒したら食われた足も戻るのかな?

百鬼丸の声はこれが初ですかね?調べてみたら今回取り戻したのが声帯みたいですね。そうなると蟻地獄は倒したのかな?それともあの怪鳥の分なのか?

ミオ姉さんの仕事は体を売ることだったのか。まぁ、夜に仕事という時点で、ぁー(察 でしたね。最初の川で会ったシーンってそういうあれなのかな?

まぁ、女手ひとつで孤児達を養うとなると無理な話ですからね。あの時代だとそれでもカツカツなのでは?

次回はどうなることやら。後味悪い感じになりそうな予感。