あの人さんの趣味の備忘録

アニメ、栽培、イモリなど、趣味に関しての記事を書いていきます。

ネペンテス 施肥 その後&捕虫袋の中

施肥後、袋が枯れてきました。消化液の量が少なかったので、施肥で濃度が濃くなってダメになったんでしょうか?

昨日2袋ダメになり、最後の袋も襟が赤く変色してきています。今のところ植物体へのダメージは無さそうなので問題ないかな。

脇芽の袋が開きました。脇芽は順調そうですねw

 

せっかくなので枯れた袋を解体してみました。枯れたといっても枯れ始める手前ぐらいですが、はさみで切りました。

まず、横の断面ですね。

襟がかえしのようになっていて入ったら壁伝いには出れないような構造になっています。そもそも内側の壁はツルツルとしているので登りにくくなっています。

ちなみに白い粒は肥料の残りです。

 

こちらは正面で切断してみました。

こちらのほうが入り口のかえしの部分がわかりやすいですね。

アンプは襟が袋の中に落ち込むような形になっているのでより虫が逃げにくそうな形をしていますね。

 

こちらは壺から伸びるツルの袋側、おそらく養分を吸収するところだと思います。

葉脈が集まってすこし窪みがありますね。

 

袋自体の形は意外と単純でしたね。それでも入った虫を逃がさないような構造になっていました。