あの人さんの趣味の備忘録

アニメ、栽培、イモリなど、趣味に関しての記事を書いていきます。

イモリ 卵を産み付ける

マツモを投入後、三月の頭くらいに二個産み付けているのを確認しました。週末にでも隔離しようかなと思っていたら翌日くらいには無くなっていました。食べるの早いな💧

その後は産卵する様子はなかったのですが、本日、ちょうど産み付けているところに出くわしました。

f:id:athervol2:20190318173124j:image

お邪魔しちゃった感があって申し訳なかったです。しかし、バッチリと写真は撮りましたw

しっかりと後脚で水草を挟み込んで卵を産み付けています。

上から見るとこんな感じ

f:id:athervol2:20190318173353j:image

基本、前脚は掴まずにそのままフリーな感じですね。軽く水草に掴まってることもありますが。

 

今日は産卵日だったようで6個産みました。今回はすぐにプラ容器に隔離しました。

f:id:athervol2:20190318173807j:image

水は水槽の水を入れてあります。だいたい1ヶ月くらいで孵化した記憶があります。

ここ最近暖かかった影響で産卵したのでしょうね。これからちょこちょこと産みそうです。

 

イモリの産卵は卵嚢で一気に産むタイプではなく、卵をひとつひとつ水草に産み付けていきます。産卵の間隔も長く、一日にだいたい平均6、7個くらいを2〜3ヶ月続けます。毎日産むわけではないですがトータルで100〜200個くらいは産むと思われます。

 

隔離した卵の置き場所は涼しい場所の方が良いです。暑いと水質が悪くなりやすいためです。しかし、春先ならばそこまで神経質になる必要もないので一日中陽がガンガンと当たる場所だとか西日がガンガンと当たる場所じゃなければ問題ないと思います。

日常の管理としては定期的な水換え、小さい容器ならだいたい週一くらい、と水カビが生えた卵の除去くらいです。水カビが生えた卵を放置しておくと他の卵もダメになってしまうので一日一回はよく観察するようにしています。