あの人さんの趣味の備忘録

アニメ、栽培、イモリなど、趣味に関しての記事を書いていきます。

どろろ 12話感想

どうやら2クール目に突入するようですね。

展開が早かったですね。

今回は景光さんの覚悟が見れました。地獄のような有様の国を救うために人の道を外れ、我が子を差し出したと。しかし、1話目か回想あたりで思い悩むシーンがあれば、覚悟の重みが伝わると思うのですが、何もなく口上だけだと悪役にしかならないんですよね。そういう点で多宝丸くんにも苦悶して欲しかった。

地獄堂でその重みを悟ったのだと思いますが、それにしても手のひら返しに見えてペラいんですよね。

一方の百鬼丸は途中まで母親の存在に期待感を抱いてましたね。どろろとの会話で笑みを浮かべてたのは、受け入れてくれる母親という存在がいたことが嬉しかったのでしょう。しかし、最後に拒絶されて償いに自害までされるとは、百鬼丸にとってはショックが大きいですね。最後に叫ぶとか入れればよかったのに…。これで次回に何事もなくいつも通りならガッカリです。

 

今回で決定的な溝が両者に出来たわけですが、これからどうなっていくのかな?所々心情の描写を省いている感じがするのでもう少し丁寧に仕上げて欲しいところです。