あの人さんの趣味の備忘録

アニメ、栽培、イモリなど、趣味に関しての記事を書いていきます。

平成最後のいもりたち

f:id:athervol2:20190430171120j:image

今日で平成も終わりますね。特に感慨もなく、普段通りの休日を過ごしています。

黄色の子たちはいつもと変わらず過ごしています。段々と背中の色が黒ずんできている気がします。やっぱり完全に色が抜けていないと鮮やかさは保たないのかな?それでも気温が高かったりするとダークオレンジくらいにはなる。いまいち色味は安定しませんね。エサの色揚げ効果のせいなのかな?

色は黒くなりますが斑点の柄は消えないようですね。

性別はお尻の出っ張り具合が小さいので両方ともメスかなと。でも片方は尻尾の線が少し丸いのでオスの可能性もなくはないかな…。まぁ、まだ今年で2年目だと思うので断定するには微妙ですね。

 

そして、長年連れ添ってきたイモリの方はまだポツポツと卵を産んでいます。産卵のピークは過ぎたと思います。オスの婚姻色も薄くなってきたかな。

イモリの場合、交尾を都度都度するから長期間にわたってポコポコと産むのかな、と。オスの繁殖期の長さからそう思いますね。今年は前年の11月くらいから4月中旬くらいまでは尻尾を振ってた覚えがある。

この子たちとは今年でもう17年の付き合いですからね。長いものですな。買ってきた当初から大人のサイズをしていたので産まれてから3〜4年は既に経っていたと思います。そう思うとイモリは他の手軽なペットよりもかなり長生きですよね。果たして老衰まであと何年なのか…。まだピンピンしているのでまだまだ平気な気がします。

f:id:athervol2:20190430173602j:image

そして今年の子イモたち。飼育ケースは黄色い子たちが入っていた容器を使っています。謎の連続死は止まり今は合計7匹となっています。前回の記事から1匹死んでしまったので先発組は1匹だけですね。

全員前足はしっかりと生えました。ほとんどがエサを与えると前足で這いながらパクついています。先発の子は後足が生え始めているところ。

最近の寒さの影響でほぼ動きません。たまにスポイトで押しても最初の1、2回は動かないから死んでいるのかとちょっとビビります。エサのブラインも気温が低いから完全に沸くまでに1日半〜2日はかかりますね。

 

長々と書きましたが平成最後の記事はこの辺で締めたいと思います。令和最初の記事はワンパンマンの感想からですかね。