あの人さんの趣味の備忘録

アニメ、栽培、イモリなど、趣味に関しての記事を書いていきます。

どろろ 21話感想

いまいち百鬼丸が残りの身体に執着している理由が分かりづらいのよね。

もちろん奪われたからというのもあるんだろうけど、どろろの見ている世界を見たいとか言っていたから、同じものを見て感じて共有したいんだろうね。そこまでしたい相手が出来たというのは喜ばしい事ですが、その対価が修羅の道とはなかなか重い。普通に考えて待っているのは破滅しかない気がする。

 

今回は因縁の兄弟対決回。決着がつくかと思ったらドローでしたね。兵庫と陸奥は片腕を奪われ、どろろも連れてかれてしまいました。人質がいる時点で多宝丸側が有利ですが、多宝丸はそんなセコいやり方は気に入らないだろうなぁ。

肝心の戦闘シーンは作画が乱れてましたが、その分動きも激しかったのでなかなか良かったのでは?と思います。

 

しかし、今回のモブ手下さん、モブの活躍を超えてるよね。真に忠臣であるからこそ心を捨てて主人に尽くす。主人のために非道なやり方さえも実行する、そんな忠臣も数ある形のひとつとしては素晴らしいのでは?とも思えますね。「己の身が滅びようが、その魂を捻じ曲げようが若を御守りするのがお役目であろう!」と叱ってましたが、そのセリフが出てくるあたり、かっこよすぎだろwその忠義に惚れますねw本当に何故立ち位置がモブなんだろか?保険としてどろろを連れてく抜け目のなさも完璧です。

 

そしてどうにか百鬼丸は生きていましたね。最後の最後にウマーがギャロップに進化してましたがw次回はギャロップに乗ってどろろを取り戻しに行くとか、そんな感じなのかな?

 

次回に続く!