あの人さんの趣味の備忘録

アニメ、栽培、イモリなど、趣味に関しての記事を書いていきます。

キャロル&チューズデイ 18話感想

小さな恋の物語、って感じでしたね。

 

取材といえど自分を必要としてくれている、自分に興味を持ってくれている。そんな状態から踏み込んだ話が出来るようになったとなるとそりゃ、相手を良く思っちゃいますわな。ただでさえ劣等感を抱いてきたチューズデイなんだからまぁ、恋するのは仕方ないよね。

そうして一人で舞い上がって、相手に恋人がいるところを見てしまって、静かに失恋すると。

失恋を経験してチューズデイが今後どう変わるのか、というところかな。

 

アンジェラサイドはストーカー被害を警察に出すことに。あれだけ派手に車とぶつかったからアーロンさんは死んじゃったのかと思ったけど一命をとりとめたとか凄いな。そのわりにお見舞いの時は精神的にまいっていたとはいえ元気そうでしたね。犯人も町中のカメラをハッキングしたり車をハッキングしたりと凄腕ですな。これであっさり捕まったら肩透かしもいいところですね。

 

選挙屋は手段を選ばないって言ってたけど本当に手段選んでないですね。施設爆破事件もどうせ選挙屋の仕込みなんだろうな。

 

テロだのストーカーだのと物騒な感じになってますが、ここから最後は不穏な空気が漂う火星でキャロチューの歌が人々の心に響く、って展開なのかな?