あの人さんの趣味の備忘録

アニメ、栽培、イモリなど、趣味に関しての記事を書いていきます。

バビロン 6話感想

ついに来た、公開討論会

 

初っ端からレシートでオノって不穏すぎるだろ。猟奇殺人やら自分に使って自殺やらショッキングな用途しか思い浮かばないのだが。

 

正崎さん、証拠が集まらないから解散!では拉致しにいく、とかカッコよすぎだろ!意外と手段を選ばないよね。そこで全員一致団結してついて行くあたりみんな良いノリだよね。

 

公開討論会がまともな討論会になっているという衝撃の事実!まぁ、1対多数の構図で齋さんは余裕の笑みだからまともに討論が進むのは当然か。

現実でも横槍入れずにやってくれるといいのだけど、横槍含めてパフォーマンスというか茶番な感じはあるからなぁ。つまり、まともにやる気がないという、ね。

 

反対陣営は各観点からの反対意見を綺麗に並べてから野丸さんの感情論で蓋をすると。一方の齋さんは各観点のズレを指摘していき、あくまで容認ではなく法のもとでの管理を主張することで正当性を出してきましたね。

その上で野丸さんは人の手に余る法律というところを強調して、最後に前回出てきた動画を上げた男の子を持ってくると。なかなか完璧な畳み掛けでしたが、まさかの齋さんちの子供オチとは。そこら辺はちゃんと調べておこうよ。

 

齋ちゃんは自らの間違いを認めちゃったけど、次回どうするのやら?自らの過ちに気付いたというところから他者からの意見、法による管理が抑制に繋がると主張して自殺法が正しいものだとアピールする方向なのかな?

そうなるとなかなかに裏を書いた上手い展開になりますね。齋ちゃん恐るべし。

まぁ、野丸さん側が慢心し過ぎなのもあるけど。

 

次回も楽しみですな。