あの人さんの趣味の備忘録

アニメ、栽培、イモリなど、趣味に関しての記事を書いていきます。

無限の住人-IMMORTAL- 24話最終回感想

英さんの襲撃で槇絵さんは致命傷、燎ちゃんは鉤群さんを庇って死亡。

槇絵さんが最期まで圧倒的だったな。

力尽きて終わるのがらしいっちゃ、らしい。結局、槇絵さんに勝てる人はいなかったわけだから。

英さんは捕まって影久さんにダイナミック斬首。後ろの木ごと断ち切るとか、まぁ、槇絵さん殺しちゃったからなぁ。そりゃ、怒りMAXか。

鉤群さんと影久さんの一騎討ちは影久さんの勝ちか。鉤群さんが目が見えない分、ハンデとして影久さんは小指を切ってたのね。

お互いに対等な条件で勝負してたのは、敵ながら実力は認め合ってた感じがして良いな。

御岳さんは切腹か…。ここで終いだから、だろうな。潔いというか侍らしいというか。

 

万次さんは凛ちゃんの復讐を終わらせるために影久さんと戦い、腕を落として逃すことに。

凛ちゃんに人殺しをさせないためだったのだろうけど、凛ちゃんは覚悟を決めて影久さんを討つ。

甘ちゃんだから見逃して終わりかなぁと思ったらここで討つのか。意外。凛ちゃん曰く、怨嗟を断ち切るためだそうですが。なるほどね。でも散々チャンスがあって、このタイミングなのか、という気持ちは残るかな。

影久さんは最期に逸刀流が刻んだ武が世の中に爪痕を残せたか見届けるように頼んで死亡。

当初は戦が積み上げてきた武が廃れてきた時代にもう一度、武を築こうとしていたんだもんね。

 

そして、全てが終わって凛ちゃんは謝罪の旅に出るのか。これも怨嗟を断ち切るためなんだろうね。律儀というか使命感が強いのね。影久さんを討った責任、みたいなものなんだろうね。

覚悟を決めて旅立とうとしてましたが、百琳姐さんに指摘されてボロを出すあたり、強がってたのね。あそこで泣かせてあげる百琳姐さんの優しさ。

偽一さんは阿葉山さんと偶然出会う。阿葉山さん、生きながらえていたのね。余生は抜け殻になって孫のもとで過ごすとか、せめてもの幸いか。

戴兄ちゃんはのんびりと百姓ライフ。いたって平和とか、なんかいいとこ取りな展開だな。

練造くんは先生のところで絵の修行。まずはひとりで生きていく術を学ぶところから始めてるのね。そして目黒さんとたんぽぽさんは相変わらずいるのね。

 

更に時は流れて明治あたりか。

万次さんは相変わらず生きてるのね。そして八百比丘尼の婆さんも生きてるのか。そりゃそうか。

今度は凛ちゃんの子孫の子守か。ここでも縁があるとか、なんか良いな。用心棒は続くわけだ。

万次さんの片腕は影久さんのやつなのね。流石に荒篠さんのやつだと不格好だから替えたのかw

 

凛ちゃんの旅はどうなったとか、明確な結末は描かれなかったけど、これはこれで良い終わり方。最後まで雰囲気を壊さずに終わってくれたので満足。

端折りとかあったのだろうけど、元が面白いからか、アニメの出来もそこそこ良いものだったな。満足満足。