あの人さんの趣味の備忘録

アニメ、栽培、イモリなど、趣味に関しての記事を書いていきます。

イエスタデイをうたって 第6話感想

今回は陸生くんサイドでポッと出の回。

元カノ襲撃か…。

被害者の会が結成される程で現在進行形なのね。

聞き覚えのある声だと思ったらキタエリか。

なんとなく流されながら生きているタイプというか、いい感じに主体性がないよね。共感。

一人暮らしで身についたというわりには料理出来る方では?器用貧乏故か?

 

陸生くんはギャラリーのオーナーに他のところの仕事を勧められるも微妙な感じ。

写真は好きだけど写真で食っていくほど夢も見てないし、覚悟もないってところか。現実を見てしまうとそうなるよな。そこで無我夢中になれるのは才能だよね。まぁ、若さもあるか。

 

榀子ちゃん達の女子会が女子会してたなw

榀子ちゃんの純真さ、というか一途さ?に引く一同。まぁ、現実見ろよってことだよね。

ぷりぷり怒ってる榀子ちゃんが可愛い。

そして晴ちゃんと二人で陸生くんのお見舞いに。これ修羅場ってやつやろ?知ってる。

 

晴ちゃんは素直に怒る分だけ可愛いよな。榀子ちゃんのは若干闇を感じた。安定のスルーと笑顔の圧力!

しかし、お前には関係ないだろ、は言っちゃいかんよ陸生くん。これで冷めないあたり晴ちゃんの恋は業だわな。

モヤモヤしている榀子ちゃんは可愛い。

 

榀子ちゃんとチカちゃんが何話したのかは気になるな。

 

しかし、やっぱり修羅場は見てると面白いよね。