あの人さんの趣味の備忘録

アニメ、栽培、イモリなど、趣味に関しての記事を書いていきます。

イエスタデイをうたって 第8話感想

EDはさユりに変わったのね。

そのまま部屋に、かと思ったらドアを開けるところで怖気づく榀子ちゃん。そしてヘタレる陸生。

やはり陸生くんはバイトだと胸を張れる立場ではないから覚悟が決まらない感じか。榀子ちゃんはやっぱり踏み出す勇気を持てず、といったところ。長年引きずってきた問題だもんな。そう簡単にスパッとは割り切れないか。まぁ、世の中、切り替えが早い人もいるけれど。

 

榀子ちゃんは杜田先生に、陸生くんは福田くんに相談。踏み出さない二人に対して二人とも、ありえない、の一喝なのは笑ったw

まぁ、そりゃそうだよね。

榀子ちゃんの場合は相手に好意があることが分かっていてうじうじしてるからタチが悪い。まぁ、陸生くんも晴ちゃんに対してはハッキリせずに相手の気持ちに甘えてるから同類だけど。

今と10代とじゃパワーが違う、とは、そうですよねぇ。気持ちの熱量が違うよね。

福田くんの嫁さん可愛いな。ちゃっかりと勝ち組な…福田ぁ!

 

陸生くんちの前でずっと待ってる晴ちゃんが健気だなぁ。そこでついつい深夜の一人歩きを心配するあたり陸生くん的には晴ちゃんは妹ポジ扱いなんだろうなぁ。家まで送る流れが女性としてというよりも完全に手のかかる妹とか後輩とかの扱い。

 

仕事面での不安を払拭するために頑張る陸生くん。そして晴れて正社員に。木ノ下さんもバンドで全国ライブツアーとか、二人とも出世しましたね。

仕事をやっていく中でやっぱりカメラが好きだと思えるのは仕事としては幸せなことだよね。

榀子ちゃんと久々に会って気まずい流れから第一声が被るのはお約束。

晴ちゃんの話題を出すのを躊躇ったということは陸生くんを意識している証拠では?

杜田先生と榀子ちゃんは仲良いよね。仕事仲間でああして気軽に飲みに行けて相談できる人がいるのは幸運ですね。後悔のないように、としっかりと背中を押してくれるとは良い人だよね。

 

職場まで行って出待ちとか、晴ちゃんも必死にしがみついてるなぁ。若干の空回り感もあるけど。

無理して会いに来ることはないぞ、と遠回しに晴ちゃんを振る陸生くん。そこはしっかりと男らしくきっぱりと言葉にして欲しかったぞ!ちゃんと気持ちは榀子ちゃんに向けて仕事を頑張ってるんだからさぁ。なんていうか格好がつかないなぁ。まぁ、そこが陸生くんらしさか。

流石に晴ちゃんも自分が空回ってることに気付いてたんだね。かなしみ。

 

榀子ちゃんは浪くんちへ久々にご飯を作りに。ここで浪くんにはっきりと答えを告げるんだろうなぁ。浪くんが帰宅したところで次回へ。

でも榀子ちゃんだからなぁ。次回もなんやかんやでぐるぐるしそうな気が。