あの人さんの趣味の備忘録

アニメ、栽培、イモリなど、趣味に関しての記事を書いていきます。

イエスタデイをうたって 第9話感想

久々に浪くんちへご飯を作りに来た榀子ちゃん。

浪くんにとっては気まずいよね。しどろもどろでも気を使う浪くん。男子学生だなぁ。

そして浪くんに気を使わせる榀子ちゃん。このままご飯を作りに来たり世話を焼きに来たりと今まで通りでいたい、大切な関係だよ、と言うのは良いんだけど前置き無しに言うのは浪くんに期待を持たせてるようで酷では?

好きは好きでも家族の好きでそれ以上にはならない、とはっきりと宣言して欲しかったな。これじゃあ口では覚悟を決めてるけど実際の態度は宙ぶらりんというタチの悪いものに…。

ひょっとして最終回まで引っ張って尺的に綺麗に終わらせるパターンですかな?

それはとても中だるみぃ。

クリスマスに誘ってOK貰えて弁当も作ってもらえてウキウキな浪くん、が見ていてかわいそう。それは家族愛と受験生故の気遣いだぞ少年。塾の同級生も散々気遣い気遣い言ってたもんね。

 

晴ちゃんは自分の行動にモヤモヤ中。弱腰は自覚アリ、か。バイト先のマスターも言ってたけど人間関係の良し悪しは人それぞれだよね。感情に損得は付けられないから人それぞれ、ねぇ。まぁ、他人からは自分の感情に損得は付けられないよね。自分が感情的にプラスが大きければ付き合うしマイナスが大きければ離れる。物理的に距離が取れないのなら心の中の距離をあげれば良い。人間関係、複雑だけど根底を見れば単純なのかもね。

 

陸生くんの就職祝いで飲み。福田、良いやつだな。社会人になるとこういう友達は貴重。クリスマスパーティーの話を出して榀子ちゃんを誘う口実を作ってくれるなんて。福田、良いやつなんだな。

 

陸生くんちへまたまた余り物を持ってくる榀子ちゃん。ここまで来ると陸生くんのこと絶対好きだよね、榀子ちゃん。

これでまだ世話好きの範疇だったら、泣ける!

陸生くんと榀子ちゃんが仲良くなったきっかけが銀杏拾いだったのかな?銀杏って中毒になるのか、知らんかった。ここから榀子ちゃんの世話好きが始まったわけだな。

福田家のクリスマスパーティーに誘う陸生くんだったが先約ありで断られる。あの、それでも押そうとするけど先約あるし迷惑だろうとなんとか納得するまでの陸生くんの逡巡が面白かったな。

 

陸生くんも晴ちゃんに対して答えを出さないとね。まぁ、榀子ちゃんへのスタンスもそうだけど。

 

職場の先輩から押し付けられたネックレスを福田の嫁さんへ。そこを気にしない嫁さん、図太いな。

 

浪くんと二人きりなことに気付いて今更あたふたする榀子ちゃん。子供の時に浪くんへのプレゼントで作ったフェルトの謎生物、気になるな。

勢いで帰宅するもののまだ時間が早いからと福田家のパーティーに参加する榀子ちゃん。

そこで避難場所に選んだのが陸生くんのそばかぁ。さっさとくっつけばいいのに。

 

さて、このまましばらくズルズルいくのかな?

晴ちゃんはどうなるのやら。既にフェードアウト気味だよね。