あの人さんの趣味の備忘録

アニメ、栽培、イモリなど、趣味に関しての記事を書いていきます。

イエスタデイをうたって 第12話最終回感想

そうくるかぁ。まぁ、嫌いではない。

 

前回の続きから。

浪くんにバレて問い詰められるも言葉に詰まる榀子ちゃん。

そして、走り去る浪くんに追いかける榀子ちゃん。榀子ちゃんが幸せなら時間がかかるけど納得は出来るなんて、大人なこと言うなぁ、少年。

 

陸生くんと榀子ちゃんは公園デート。

付き合ってることへの後ろめたさが今までの煮え切らない態度の原因だったわけか。それは好きではなく、というやつか。友情を恋愛感情と勘違いした感じですかね。

ここまで来てお互いに晴ちゃんと浪くんが大切だと気付くとは、タイトル通り遠回り、だな。

でも榀子ちゃんとのしっくりくる距離感、関係性とお互いに大切な人がいると気付けたのなら、この遠回りも良かったのではないかな?幸いにも関係修復には、まだギリギリ間に合うレベルだったわけだし。

 

移動中の陸生くんの自問自答がなかなか。

自分勝手と自分に正直になることは程度の差なんだよね。しかもそれは受け取り手によって変わるから明確な基準なんてない。

まぁ、結局のところ、自分が後悔しないように行動するのが一番良いわけなんだよね。それが自分に正直になるということなんだろうさ。

 

カンスケのおかげですれ違わずにすんだ陸生くんと晴ちゃん。告白までの流れは煮え切らない感じだったけど、気持ちに自信がないあたり陸生くんだよね。

 

浪くんの方は友達とのパーティー中に突然の榀子ちゃん訪問。友達の女の子と玄関でバッタリとか、榀子ちゃんドンマイ。ショックを受けてたけど…、ドンマイ。

 

杏子さんは以前に別れの挨拶に来た彼と結婚ですかな?上手くいったようで何より。

 

とりあえず、色々とあったけど、最終回でちゃちゃっと収まるところに収めた感じ。

最終回の駆け足感と展開が展開だっただけに強引な感じがするな。まぁ、シナリオ自体にはまぁまぁ満足かな。