あの人さんの趣味の備忘録

アニメ、栽培、イモリなど、趣味に関しての記事を書いていきます。

A.I.C.O. -Incarnation- 第6話感想

開幕、黒瀬さん、海で何してんすか。

 

楓ちゃんは独断先行でヒャッホー!

そしてすぐに足下を掬われる。油断大敵ですね。

 

駆動部奥にまで入り込んだマターを除去する白石さん。時間がかかると言っていたわりに急いだら早かったね。

 

神崎くんはマターのサンプルからカートリッジの調合出来るとか何者?レーザー砲の射撃も上手いし。一樹くんの義手も即作成しちゃうし。

 

ドリームコンタクトでもう一人のアイコちゃんと意識を接続するとか便利。でも的確な情報、取捨選択は出来なさそう。何故に柚葉ちゃんの記憶もあるのか?伏線かな?

夢を覗くなら言ってくれれば恥ずかしい夢を見ないように頑張れたのに、とかアイコちゃん乙女可愛いな。

由良先生ってメガネの人かな?

 

南原さんは伊佐津先生に人工生体の研究結果としてアイコちゃんの存在を公表するように提案してたけど、逃げられてるし、今は亡き由良先生作成だった気がするから再現性も怪しいよね。そんなん公表したら良いカモだよなぁ。

国内はもとより海外にも対抗しないといけない状況なら尚更。

 

レーションでも工夫すればハンバーガー作れるって、アイコちゃんの発想が凄いのかレーションのバリエーションが豊富なのかいまいち分からない感じで微妙。

 

マターの異常活性は一樹くんの頑張りとアイコちゃんの感知で無事切り抜け。

アイコちゃんの感知は今回の能動的なコンタクトの影響らしい。一時的に同調しただけなのか、継続的なものなのか。

アイコちゃん、篠山さん、そっち、では回線共有してても無理があるでしょ…。

 

黒瀬さんはやっぱりクビに。

まだ外の方で協力者はいるみたいだね。今度は会社のサーバーに侵入ですか?

 

次のポイントへのトンネルはマターで塞がっていて、後ろからは南原さんが派遣した部隊が。

次回、どうすんだろ?