あの人さんの趣味の備忘録

アニメ、栽培、イモリなど、趣味に関しての記事を書いていきます。

A.I.C.O. -Incarnation- 第10話感想

駆け足で来て、ここでちょっと心理描写を挟みますよぉ〜と。なんか今回は間延び感があったな。

 

アイコちゃん同士の会話はあなたがいたから意識を保てたありがとうで終わり。

しかし気付いたら身体がなかった、とは?事故で瀕死になったわけではない?

 

相模さんが兄貴かっこいいな。神崎くんに喝を入れる台詞が良き。

神崎くんも神崎くんでみんなにアイコちゃんの事実を秘密にすることで一人で背負おうとしていたんだね。覚悟と優しさと責任、かな。

 

人型マターは柚葉ちゃん主導なのか。こちらも意識だけ健在で身体を見失ってる感じ。

まだ関連性はハッキリとしてないね。

 

アイコちゃんはお母さんと弟くんと再会。

叩いて呼べば起きるという簡単さ。

お母さんの口ぶりとかから事故で手術は行ったようで。やはり手術中にバーストが起きたっぽいね。大きくなったねとか言ってたし。

 

私にしか出来ないこと、ということで覚悟が決まったアイコちゃん。次回移植手術なのかな?

でも柚葉ちゃんの件もあるしまだもう一波乱あるね。

 

伊佐津動きます!

先生自らアイコちゃんの回収とマターを死滅させに爆心地へ。

南原さんもダイバー回収の命を受けてニヤリ。何かしますね。楽しそう。

 

次回でぼちぼち話を畳みにくるのかな?