あの人さんの趣味の備忘録

アニメ、栽培、イモリなど、趣味に関しての記事を書いていきます。

無能なナナ 第12話感想

藤原さん出てるやんけー!

それだけで涙なんだが。

そこまで撮り溜めしてあったのか。

 

ミチルちゃんの看病から過去話。

ミチルちゃんは素直というか単純というか。少しは疑わないと利用されるだけ利用されてポイされるで。能力的にも。

まぁ、しかし、良い人の周りには良い人が集まるわけで。

それと同様に悪い人もたかりにくるけどな。

命をかけて応援してくれたから、それに応えたい、とは単純だけど良い話。こういうのには弱いんよ。

まぁ、深みは無いんだけどね。

 

で、そんなミチルちゃんに触れて委員会に対して懐疑心が芽生えたわけだが。

そもそも、あの端末、通信出来ないんか。それだと単に殺人マシーンとして利用されてただけになるな。

やはりあの数字に根拠はなくナナちゃんがやってる事はただの人殺し、と。

委員会への叛逆ではなく、自分がやっていた事がただの人殺しだった事実に打ちのめされる展開は欲しかったかなぁ。

まぁ、実は敵は委員会だった!と意外なラスボス展開で少年誌的なことをするのも分かるけれど。

 

で、次回で終わりなわけだけど、かつての師と対峙して委員会と決着付けて終わり?

んー、それだと微妙。

 

しかし、キョウヤくん、検死も出来るし診察も出来るし、ツッコミどころのあるスペックの高さだな。